ストレスがやばい

こんにちは、達也です。

ただ毎日朝起きて会社に出社して仕事をこなして家に帰ってテレビを観ながらビールと夕飯を準備してお風呂入って寝るだけなのにストレスがやばいです。

というのも最近企画営業部では大きな成果が出てないので上から指を指されてます。おかげで僕にもその矢が刺さり、結構やんや言われてストレスが半端ないです。

そのせいか最近お風呂で髪を洗うと今まで以上に抜け毛が増えてきた気がします。このままだと完全に頭皮が寂しくなりそうです。

そこでこれを食い止めるべく、色々育毛とか薄毛について調べてみました。

ただ調べると薄毛っていうのは大体がAGAらしいです。…やっぱそれか…、これだけは嫌だったけど、僕のこれもそうなのかな?でもAGAっていうのは髪が細くなるのであって抜けるって事ではないそうです。

ん??毛が抜けてなくなるってことじゃないの?そうなんだ、知らなかった。でもこのAGAの治療は大きく分けると3つあるらしくてそれが「民間療法」「育毛剤での改善」「医療での治療」です。

民間療法は簡単に言えば普段の生活を見直しましょうってことです。睡眠をよくとるとか食事は正しくとるとかストレスは溜めないとかですね。まぁ睡眠とか食事とかはなんとかできそうですけど、ストレス社会でストレスを溜めないようにするっていうのは難しい話ですよね。発散方法はわかってる人ならいいでしょうけどね。

ただ薄毛になってから試したところで時間の無駄にはなりやすいんだそうです。すでに薄毛は進行してるわけですからね。

次に育毛剤での方法ですが、大きく分けて「化粧品」「医療部外品」「医薬品」の種類があるみたいです。簡単に言えば病院で処方されるもの、手軽に薬局で買えるもの、その中間くらいに位置するものです。中間というのが育毛剤ですね。

これらを使って治療をしていくものが育毛剤での治療です。

そして医療での治療は育毛剤より効果が高い医薬品でのAGAの治療が医療にはあります。代表的な医薬品はプロペシアですかね。

この方法は民間療法と違って直接アプローチするってことです。AGAは男性ホルモンが影響してますけど、男性ホルモンが変異したものがDHTと言われるものらしく、それをプロペシアで生成されなくできれば薄毛の進行は止まるんだそうです。

なんかみてると医療での治療が一番効果的な感じがしますね。ただ医療はどうしても費用が高くつくのでちょっと避けがちになっちゃいます。治療の費用についても少し調べてみようかなって思います。